脱毛をお考えの女子の為のパーフェクトガイド


通常

サロンやクリニックの選び方

アキさん
脱毛サロンか医療脱毛クリニックに通いたいんだけど、何を基準に選んでいいのかわからないの…
お店選びで失敗したくないけど選び方のポイントってあるんですか?

ケイさん
そうですよね。
初めて脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶ際は迷うことも多いと思います。
サロンとクリニックの違いも含めご自身に合ったお店を選ぶために外せないポイント等を順を追って説明していきますね。

アキさん
わかりやすくお願いしたいです!

ケイさん
お任せください!
納得のいくサロン、クリニック選びのお手伝いをさせてください。

暑い季節が来ると気になるのがムダ毛ではないでしょうか?
できるだけ綺麗にムダ毛を処理したいなら、自己処理よりも脱毛サロンや医療脱毛クリニックなどの専門店に通うほうが良いでしょう。
しかし悩むのがお店選び。というのも脱毛サロンや医療脱毛クリニックは豊富にあり、いったいどこのお店に行けば良いのか迷うからです。特に初めての方は数あるお店のどの部分を重視すればよいか、迷ってしまうのではないでしょうか?

まずはお店選びをする前のポイントとして、自分の要望や脱毛したい部分をしっかりと考えておくことも大事です。そして失敗しないためにも色々な角度から見た選び方に注目してみてください。決して安くはない脱毛。肌に直接関わるので、納得のいくサロン、クリニック選びをしていきましょう。

お店の料金をはじめコースなどの支払い体制もポイント

アキさん
広告を見てみると、すごく料金が安く表示されているところばかりです。
安すぎるけど本当に大丈夫ですか?

ケイさん
不安に思うことは無料カウンセリングでしっかり確認するようにしましょう。

安すぎると本当に大丈夫なの?と心配になりますが、かと言って高すぎるとそれも予算オーバーになってしまいます。つまりどれが適正価格なのかを知るのは難しいので、事前にお店どうしの料金を比べたり、無料のカウンセリングや問い合わせで確認をしましょう。そうすれば大体の料金の平均や、部位ごとが安いのか、全体の脱毛のほうがお得なのかが分かってきます。

お店の中には分かりにくい料金体制や、安くなるには条件が必要なお店も存在します。大手の脱毛サロンや医療脱毛クリニックであれば技術はもちろん、分かりやすい料金体制になっているところがほとんどです。そういった意味でも、全く聞いたことのないようなクリニックやサロンは避けた方が安全です。

アキさん
分割払いってできるんですか?

ケイさん
できるところがほとんどです。
月額定額制を実施しているところもあります。

またそれと同時に大切なのが、支払い方法についてです。現金払いなのかクレジットなのか、また分割ができるのか。
これら支払い体制のサービスが充実している脱毛サロンや医療脱毛クリニックは良心的です。最近では月額定額制で分かりやすい支払い方法もあります。

そして脱毛のコースですが、脇と腕セットのようにパーツごとに分かれている部位のコースがあったり、一つの部位の回数が無制限のコースもあります。自分がどこを綺麗に脱毛したいかのかと照らし合わせてピッタリくるコースがあるお店を選ぶとより効率的です。

脱毛は1回では終わらない!脱毛期間はどのくらい?

アキさん
そもそも何回通わなくちゃいけないですか?

ケイさん
サロンかクリニックによっても異なります。
ただ、クリニックのほうが回数は少なくて済むことが多いです。

皮膚から生えている毛はそれぞれバラバラの生え方をしています。
例えば今から生えるぞ、という毛があったり成長期を過ぎてそろそろ抜けるという毛。それぞれの毛穴に毛周期が存在しますので、一度に全ての毛を脱毛することはできません。ですからお店には定期的に通い、脱毛する必要があります。

何回通えば良いのかについては個人の毛周期や毛の濃さ、光を使った脱毛かレーザーか、機器のパワーによっても違いがあります。一般的にIPLなどの光よりもレーザーの方がパワーも強いので回数は少なく済みます。
人それぞれこの時期くらいには完了したいという目安があるでしょうから、それに合わせてお店や脱毛する機器を選びましょう。お店によってはスピードコースがあったりします。また予約自体も季節によっては混んでいて取れないケースも出てくるので、前もって通ったりある程度前からの予約が必要になります。

早くに脱毛したいからと週一で通いたいという無理なスケジュールは肌の安全上、組めないことがほとんどです。5回コースや7回コースなど回数でコースを組んでいるところがあるので、自分の毛の濃さなどをスタッフとカウンセリングすることが重要です。

ケイさん
上の図は毛周期と脱毛に関する図になります。

アキさん
脱毛効果の高い時期っていうのがあるんですね。

予約の取りやすさや通いやすさが続くコツ

アキさん
よく予約が取れないって聞くけどどうなんですか?

ケイさん
予約が取りにくいこともあるのでサロンやクリニックのスタッフに比較的空いている時間帯等を確認しておくといいですよ。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通っている人の悩みとして、予約が取れないことや、通いにくくてやめたといったケースがあります。中途半端にならないようにしっかりとチェックしておきたいポイントです。

特に予約が取れないケースは多いのですが、空きやすい時間帯というのもお店にはあるはずです。仕事を持っていれば中々難しいでしょうが、そこをお店の人に聞いて自分の予定と照らし合わせると良いでしょう。それ以外にもネットで簡単に予約が取れる店か電話でないと予約できないなど、予約の取り方やキャンセル方法も事前にチェックしておくと良いです。

また脱毛サロンや医療脱毛クリニックは通いやすさも必要です。ほとんどが1回で終わるものではないので定期的に通います。近くに買い物ができる場所があると良い、または家の近所が良いなどそれぞれ要望があるでしょう。駅から近い、アクセスしやすいなどもサロン、クリニック選びでは重要です。
またサロン、クリニックに行くのが緊張するという人は意外と多く、お店の雰囲気やリラックスできるかどうかも見ておきましょう。

カウンセリングやアフターフォローが大事

脱毛は腕や足だけでなくVラインや他人に見られて恥ずかしい部分の脱毛を行うこともあります。ある意味さらけ出さないとそういう施術ができません。緊張して当たり前ですが、それをきちんと優しく接してくれるスタッフかどうか含めて、お店の雰囲気は大切です。
脱毛は部位によっては2時間程度かかる場合もあります。ずっと緊張したままだとしんどいです。できるだけリラックスできるところかどうかが大切です。

またカウンセリングは大手ならほとんど無料で行ってくれます。思ったのと違った、とならないよう、特に初めて脱毛を行う方は必ずカウンセリングで分からないことを聞くと良いでしょう。
また脱毛を続けると稀に硬毛化が起きたり、肌荒れなどのトラブルが起きる事があります。そういった事態にも医師を紹介してくれたり、保湿ケアが充実しているお店を選ぶと安心です。

痛みに強い?それとも弱い?色々な脱毛方法があることを知っておこう

アキさん
やっぱり脱毛って痛いんですか?

ケイさん
痛みはありますが、以前に比べるとかなり緩和されています。
人によってはほとんど痛みを感じない方もいます。

全く痛みのない脱毛サロンや医療脱毛クリニックはありません。しかし最近では脱毛機器の技術も昔に比べれば進歩しているので、痛みの少ない脱毛になってきているようです。
脱毛サロンで行われる光脱毛はそこまで気にならない程度の痛みでしょう。部位によっても痛みは変わりますが、痛みに弱いのなら医療脱毛クリニックよりも脱毛サロンが向いています。

一方医療脱毛クリニックで行われる脱毛は同じ光でもパワーが強いので、痛みは光より強くなります。
多少痛くてもパワー重視でお手入れしたいならレーザー脱毛、時間はかかっても痛いのは嫌だという人には光脱毛をおすすめします。

また確実さを重視し、永久に生えてきてほしくない場合はニードル脱毛を選択することもできます。
脱毛を専門とするお店はどこに行っても全ての脱毛方法ができるわけではありません。医療脱毛クリニックは医療機関なので医療レーザーが選べ、サロンでは低出力の光脱毛といった具合にお店によってできる脱毛の方法が違うので、きちんとチェックしてから行きましょう。

このように脱毛のお店と言っても色々な種類があり、特色や強みなどがあります。
自分の要望にどれだけ合っているか、また上記のポイントを踏まえて決めれば失敗した、ということにはならないはずです。
後で後悔しないように、まずは基本的な脱毛の方法や毛周期について少し知っておくことが大切です。

また肌へ直接光を当てて毛を脱毛させるため、肌が乾燥していたり日焼けしていると照射できないなどのルールも存在します。
そんな安全性の点も含め理解したうえで、脱毛を始めていきましょう。
納得できるお店で脱毛し、肌が露出できる夏でも周りの目を気にしないでいられるツルツルの肌を目指してみてはいかがでしょうか。

アキさん
実際の雰囲気等を確認したいので無料カウンセリングに申し込んで、サロンやクリニックに実際に話を聞きにいこうと思います。

ケイさん
サロンやクリニックによって異なる点はあるので、疑問に思うことは無料カウンセリングで解決して理想のツルツルお肌を手に入れましょう!

以下に脱毛サロンと医療脱毛クリニックそれぞれを、私がおすすめする順番に紹介しますので参考にしてください。

また、お住まいの地域別に優良店をご紹介していますので、当サイト内の地域別ページもチェックしてみてください。

脱毛サロンランキング

  1. No.1KIREIMO -キレイモ-

    キレイモ -KIREIMO- 見せたくなる肌を手に入れる

    総合評価
    全国対応
    店舗数 全国45店舗

    キレイモで只今開催中のキャンペーンキレイモはスリムアップ脱毛キレイモの脱毛方法は、他にはない『スリムアップ脱毛』です。ただ脱毛するだけではなく、美しいボディラインに整えてくれるのです。脱毛の施術の後、ハナショウガエキス・グロブラリアコル…

  2. No.2シースリー

    シースリー 【完全個室の女性専用サロン】

    総合評価
    全国対応
    店舗数 全国61店舗

    シースリーで只今開催中のキャンペーン全国主要都市に店舗拡大しました!C3(シースリー)は、首都圏での出店がNo1を誇っていますので、各主要駅からの通いやすさは抜群です。WEBで24時間無料カウンセリングの予約が出来ますので、お肌のお悩みや脱毛へ…

  3. No.3銀座カラー

    銀座カラー 【潤いたっぷり赤ちゃん肌脱毛】

    総合評価
    全国対応
    店舗数 全国50店舗

    銀座カラーで只今開催中のキャンペーン選ぶなら銀座カラーの赤ちゃん肌脱毛銀座カラーでは、なんと保湿力95%と言うオリジナルの美容液ケアで、脱毛後は赤ちゃんのような潤いたっぷりのお肌が期待できます。そのオリジナルの美容液には、コラーゲンやヒアルロン…


サロンでの脱毛や、クリニックで医療脱毛を1度すればもう毛が生えてくることはないと思っている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし実は1回だけ施術を受けても完全に毛がなくなることはなく、またしばらくすれば新しい毛が生えてきます。
毛が生えてこなくなるまでに、何度も一定の期間を開けながら施術を受ける必要があるのです。

どうして何度も施術を受けなくてはならないのでしょうか。
その事について、脱毛のメカニズムから解説していきます。
また効果が出るまでの施術回数や、施術のペース、脱毛を始める時期など、効果的な脱毛についてのご説明もしていきたいと思います。

毛周期と脱毛の関係

脱毛サロンでカウンセリングを受けた場合に、必ず出てくるのが「毛周期」と言うフレーズです。
脱毛をするためには理解しておきたい「毛周期」についてまずはご説明します。

毛周期とは

人間の体毛は、毛周期と言われる毛の生まれ変わりのサイクルがあります。

・『成長期』…毛が成長して皮膚の外に伸びて出てくる。毛根に存在する毛母細胞に毛乳頭細胞が取り込まれて皮膚内部に伸び、その後外側にも伸びる時期。まだ毛が見えない早期、毛先が見える中期、毛が外まで伸びる後期に分けられる。
・『退行期』…毛の成長が止まり毛乳頭から毛が離れる。毛母細胞が消滅する時期。
・『休止期』…見た目ではまだ生えているが、毛が毛乳頭から離れた状態の時期。
・『脱毛期』…新しい毛に押され古い毛が抜ける時期

身体にある毛がそれぞれこのサイクルで生まれ変わりますが、すべての毛が同じサイクルではなく成長期にある毛は全体の20~30%程度と言われています。

また毛周期は毛が生える箇所により異なっています。
例えばわきやVラインは3~4か月程度ですが、脚や腕の毛周期は3か月から6か月程度、顔の毛周期は2か月程度になっています。

脱毛のメカニズム

カウンセリングで毛周期とともに必ずでてくるフレーズには『毛乳頭』もあります。
毛根の元の部分のふくらんだところに存在する毛母細胞が分裂することによって毛になるのですが、この時毛母細胞に栄養を送り分裂を促すのが『毛乳頭』です。
『毛乳頭』が毛細血管から取り込んだ栄養を毛母細胞に送るのです。

サロンやクリニックでは、この毛乳頭に熱によって打撃を与える事で毛の成長をストップさせ脱毛させる方法です。
毛のメラニンに反応する光を使う事で、光が毛に吸収されて熱エネルギーが発生するのです。

退行期や休止期では、メラニンを含む毛が毛乳頭から離れているので、光を当ててもダメージを与えられません。
要するに成長期にある毛でしか、脱毛の効果は出ないという事になります。

ですから、だいたい2~3か月に1回程度のペースで、その時成長期にある毛に対して施術を受ける事を繰り返す必要があるのです。

また脱毛サロンにおける光脱毛は、一回の施術で毛乳頭に与えるダメージが小さいので、1度の照射ではまた毛が生えてきてしまう事もあります。

毛周期に合わせなくてよい最新機種もある

しかし最近では成長期にある毛以外にも効果がある最新脱毛器も登場しています。
これらは毛乳頭ではなく、『バルジ』と言う箇所にダメージを与えます。

最新の研究によって、毛乳頭や毛母細胞の活動を促すとされる毛包幹細胞は、このバルジから出ていることがわかりました。
そこで毛のメラニンに熱を与える方法ではなく、毛根を包む毛包に蓄熱しその周りのバルジに作用させるようにしました。
そのため毛の毛周期に合わせる必要はなく、また産毛や日焼けしている肌にも効果が期待できると言われています。

この最新の施術が受けられる脱毛サロンやクリニックも増えているようです。

脱毛に通う回数

では一体どの程度の回数、脱毛の施術に通う必要があるのでしょうか。
脱毛サロンを選んだ場合、通常2~3か月毎に通う事になりますが、だいたい12回以上通ったならばムダ毛が気にならないようなレベルまでにはなるようです。

クリニックの医療用脱毛では、5~6回程度で効果が期待できるようですが、その分費用が高かったり痛みが強いと言ったデメリットもあるようです。

脱毛サロンの場合、目安として12回通えば85%、18回で95%の毛がなくなると言う説明がされるようです。
毛周期に関わらず受けられる最新機器においても、だいたい回数には変わりはないようです。

また毛は残っていてもお手入れの必要はない程度までの脱毛でよければ、脱毛サロンでも6~8回程度で済む場合もあります。(毛量や肌色にもよる)

個人差や部位によって異なる

ここまでご説明した回数などはあくまでも目安になります。
実際は毛の濃さや肌の色などによって個人差が生じます。
一般的にメラニンに反応させる脱毛器では、肌の色と毛の色の差がはっきり出ている方が反応が良く、効果も出やすい傾向にあります。
要するに、肌色が白くて毛が黒い人ほど早く効果が出るという事です。

またムダ毛のある場所により毛周期や毛質が違うので、同じサイクルで脱毛の施術を受けたとしても、効果は異なるのです。

実際に脱毛の施術を受けた人の例で、ひざ下は6回の照射で毛が2~3本ほどになったが、わきは同じ回数照射してもまだ自己処理が必要な状態であると言う話もあります。

特に顔は毛周期が短いうえに産毛であり、また本数が多い部位でもあるので、他の箇所よりも更に回数が多くなる傾向にあります。
クリニックによるレーザー脱毛でも10回は掛かるようです。

毛周期にピッタリ合った施術は不可能

脱毛サロンなどの説明によれば、毛周期は約2~3か月程度であると言われますが、実際には部位によっても毛周期は異なりますし、また生活習慣やホルモンバランスが乱れることなどによっても毛周期もずれることはあります。

ですから全身を毛周期にピッタリ合わせて施術すると言うのは、極めて難しいと言えます。
しかし2~3か月ごとにその時に生えている毛に対して施術を行っていけば、徐々に毛は減っていきますし、生えるスピードも遅くなって行きます。

ですから自分がだいたい何回ぐらい施術を受ければよいのかは、最初に行う無料カウンセリングでまずは相談してみて下さい。

脱毛はいつから始めるのが良いの?

ここまでご説明したように、脱毛が完了するには脱毛サロンであれば2~3年、クリニックであれば1年は掛かります。
ですから、いつ始めればこの夏に間に合うというような事はありません。

ただお手入れするたびに毛は抜けますし、その後生えてくる毛も少なくなってきますので始めてすぐであっても効果は実感する事はできます。
なので、脱毛しようと思ったらすぐに始めるのがお勧めです。

とは言え、冬の間はどこのサロンも比較的予約が取りやすい状態であり、またお肌が日焼けしている事も少ないので、強いて言うなら冬がお勧めかもしれません。

勘違いしがちな事

脱毛サロンやクリニックで施術を受けたらその日のうちに毛が抜けると思っている方がいると思いますが、それは勘違いです。

熱ダメージを与えられた毛乳頭から自然に毛が抜け落ちるまで、だいたい1週間から10日ほどかかります。
そのくらい経つといつの間にか抜け落ちたり、または指で引っ張ると簡単に抜けることがありますが、1回の施術では抜けない事も時にはあります。

毛が抜けた後は、毛周期のサイクルによりだいたい1か月は毛がない状態で、その後休止期だった毛が生えてくるので、また施術を受けると言った流れです。

効果を上げるために大切なのは

サロンやクリニックからの注意事項としては、毛周期に合わせて照射する事以外に以下のようなことがあります。

・日焼けを避けるようにする…黒くなりすぎると施術が受けられない。日焼けをすると肌に炎症が起きやすい。肌色は白い方が効果が出やすい。
・肌が乾燥しないようにする…肌が乾燥すると毛が抜けにくい。埋没毛や毛嚢炎などになりやすくそうなると術できなくなる。
・自己処理はなるべくしない…自分で抜いたり剃ったりする事で肌にダメージが与え、ムダ毛の発毛が促されることがある。

まとめ

・体毛には、成長期・退行期・休止期・脱毛期と言う流れの毛周期がある。
・サロンやクリニックの光またはレーザー脱毛は、毛のメラニンに反応して毛の発育を止めるため、毛と毛乳頭とがくっついている成長期の毛にのみ作用するため、1度の脱毛では全ての毛は脱毛できない。
・脱毛終了までの期間には個人差があるが、一般的に2~3か月おきにサロンでは12~18回、クリニックでは5~8回ほどの施術が必要である。
・毛周期に関係なく施術できる最新機種があり、それであれば1か月おき位で施術できる。
・効果を出すためには、日焼けや乾燥を避け、自己処理をなるべくしないようにする。

どこのサロンで脱毛の施術を受けたいか、目星がついたらまずはそのサロンで無料カウンセリングを受けてみましょう。

どこのサロンでも無料カウンセリングでは、まず肌の状態を見るところから始まると思います。
そして、それによってどんなコースが良いのかや、どの位の期間が掛かるのかなどを説明してくれるでしょう。
無理に勧誘される事はないサロンが多いので安心して下さい。

脱毛とは?

「脱毛」と言う言葉は、病気などで毛が抜け落ちてしまう時にも使いますが、一般的には美容の目的でムダ毛をなくすことを言います。

更に美容目的でムダ毛をなくす方法の中でも、「剃毛」(剃刀や電気シェーバーで剃る)や「除毛」
薬剤で毛を溶かす)のに対して、毛根から毛を抜き去る事を「脱毛」と言います。

脱毛テープまたはワックス、それに毛抜きなどで自分で毛を抜く脱毛もありますが、一般的に「脱毛」と言う時には、脱毛サロンやクリニックなどで光脱毛やレーザー脱毛の施術を受け、毛の再生能力を弱めたりなくしたりすることを指して言います。

脱毛サロンとは?

脱毛サロンと言うのは、光脱毛を行っているエステティックサロンの事を言います。
脱毛専門のサロンもありますし、その他のフェイシャルエステや痩身なども行っているサロンもあります。
脱毛サロンで使用する光脱毛は、クリニックでのレーザー脱毛と比べると弱いものです。

脱毛サロンで永久脱毛の効果はある?

日本のエステティックサロンでは、医療用レーザーによる脱毛のような毛根を壊すような強い光を使用しての脱毛は禁じられています。

ですから、一切毛が生えないような状態は、エステティックサロンでは期待できませんが、毛根にダメージは与えるので毛を生えにくくしたり目立ちにくくしたりすることは可能です。
だいたい12~18回ほどの施術を受けると、毛の本数も減り産毛のような状態になる事がほとんどです。

しかし毛の再生能力は残りますので、かみそりなどの自己処理で肌を刺激してしまうと、肌を守ろうとして毛が再び生えてしまうことがあるようです。

ひざ下であれば1年程度で産毛のみの状態になります。

より確実に脱毛するには?

より確実に脱毛したいと言う方には、大手サロンでのスーパー脱毛と言うものもあります。
細い電極を毛穴に入れ毛根に電流を流して毛を生えなくさせますが、費用が高いのと痛みもかなり伴いますので、お勧めはいたしかねます。

またクリニックの医療レーザー脱毛であれば、費用はサロンよりも高いものの回数も少なく済み完全に脱毛できるケースも多くなります。

ですからサロンよりも確実に脱毛したいのであれば、クリニックによる医療脱毛がお勧めです。

脱毛サロンの脱毛器に効果の違いは?

脱毛サロンが使っている脱毛器には様々な種類があります。
例えばルネサンスやPielが使用するIPL式脱毛機や、SSC式であるDEKA社のクリプトン、ハイパースキンカレンやSHR式脱毛機など、種類は豊富です。

IPL脱毛機やDEKA社のクリプトンは、使用するライトやジェルの違いはありますが、原理は変わりません。
毛根にあるメラニン色素に反応する光によって、毛乳頭にダメージを与え、毛の成長を阻みます。

半額

一方ハイパースキンカレンやSHR式脱毛機では、毛包に蓄熱させてバルジ領域と言うところにダメージを与える事で毛を生えないようにします。

後者の脱毛器は毛周期に関係なく施術できるので、1か月程度の間隔で施術する事ができます。
メラニンとは関係ないので、日焼けした肌にも効果があります。

大手クリニックでも同じメカニズムのレーザー脱毛期を使用するところもありますが、元々のメラニンに働きかける方法の脱毛器との効果の差はまだ明らかにはなっていないようです。

実際に脱毛を経験してみると、時にどこのサロンでも大きな差は感じませんが、やはりクリニックの効果は早くて確実とは言えます。

その他、今までの脱毛器は1回ずつ光を当てていくものが多かったのですが、最近では光が連射できる脱毛器を使用するサロンがほとんどになっています。
これによって1度の施術にかかる時間が大幅に短縮し、サロンの予約も取りやすくなりました。

ムダ毛を脱毛する方法は大きく分けると4つあり、それぞれ特徴があります。

☆カミソリ…ドラッグストアなどで安価で入手でき、自分で簡単に処理できるので手軽さは1番です。一方で肌の表面を傷つけてしまうと言うデメリットもあります。一時的な除毛になります。
☆家庭用脱毛器…家庭用脱毛器も大きく進化し、家庭でもフラッシュ光脱毛が行えるようになりました。機器自体は比較的高価ですが、サロンなどで他人に肌を見られたり触れられたりするのが嫌な方には向いている方法です。一時的な除毛になります。
☆脱毛サロン…エステティックサロンや脱毛専門サロンにて、フラッシュ光脱毛を施術してもらう方法です。一時的な除毛が主ですが、継続する事によって永久脱毛に近い不再生脱毛の効果が得られます。
☆美容クリニック…医療機関で高出力のレーザー脱毛の施術により永久脱毛できます。脱毛の効果は高く確実な反面、費用は大きくなります。

近年では比較的手ごろな価格で、肌を痛めないムダ毛処理の施術を多くの脱毛サロンで提供し、人気を集めています。
しかしその一方で脱毛サロンへ通う事のハードルが下がり、リスクやデメリットなどをしっかり把握しないまま安易に通い始め、失敗してしまうケースも増えています。
脱毛サロンで失敗してしまった例について、原因と対策をご説明したいと思います。

失敗例1 体験コースの後しつこく勧誘された

広告などで安価な体験コースを見て軽い気持ちで申し込んだら、その後高価な本コースへの勧誘や美容商品の購入を勧められ困ってしまったと言う例です。

原因

エステティックサロンは安い値段で体験させて、その後に高い本コースを契約してもらう事で、ビジネスが成り立っている部分があります。そのため非常にしつこい勧誘がされていた事もありました。

対策

しつこい勧誘を行っていた事で、業界全体に良くないイメージが付いてしまい、体験コースに申し込む人が少なくなってしまいました。
そのため現在では、無理な勧誘は少なくなっている傾向にあります。
多くの人に体験してもらい満足感を味わっていただき、できれば本コースも申し込んでもらいたい、と言うようなスタンスに変わって来たようです。
中には「勧誘一切なし」と言う謳い文句の脱毛サロンもあります。
勧誘されてしまうか心配と言う方は、そう言ったサロンを利用するのも良いかもしれません。

失敗例2 予算オーバーしてしまった

最初に契約した期間では脱毛が終わらず、追加料金を支払って延長する事になってしまったと言う例です。

原因

脱毛サロンのコースは「何回で○円」「何年通い放題〇円」「結果が出るまで〇円」と言うような、いくつかに分かれて用意されています。
「結果保証」と言う契約でない限り、契約期間内に終わらない場合には、追加料金を支払う事になってしまいます。

対策

脱毛の効果にはどうしても個人差があり、事前カウンセリングなどで完全に期間を把握すると言う事は不可能です。
ですから、まずは安い価格のキャンペーンなどを利用して自分の脱毛効果を把握してみると良いと思います。
それから身体の他の箇所の脱毛も続けたければ、スタッフと相談してどの程度の期間が掛かるかなどの計画を立てると良いでしょう。

失敗例3 予約が全く取れない

2年間の全身脱毛のコースを契約したものの、実際に予約を取ろうとしたらほぼいっぱいの状態で、自分の予定と合わなかったと言う例です。

原因

近年、脱毛サロンで脱毛する女性が増加しています。安い料金でしかも交通の便の良いようなサロンは特に予約が取りづらい状態です。またキャンペーンなどを行っていると、大勢の申込者がいるため更に予約が取れなくなります。
そうなるとせっかく高価な金額を支払っていても、予約が取れず脱毛できないという事になってしまいます。

対策

体験中に予約状況などをチェックする

予約の状況などは店舗によって違いますので、自分が通う店舗の状況を体験時にチェックしましょう。
平日の昼間でも通う事が可能でとにかく料金優先と言う方はどこでも問題ないかもしれませんが、平日は仕事していたり通える曜日や時間に制限のある方は、自分が通いたい時に予約が取れそうかどうかをしっかり確認してください。
多少料金が高かったとしても、自分の行きたいペースで予約が取れるサロンの方が、ストレスなく通えるかもしれません。

系列店すべてで予約できるか確認

大手脱毛サロンのように店舗数が多いところの場合、系列店のすべてで予約できるようであれば幅が広がりますので確認してみましょう。

なるべく混雑時を避ける

脱毛サロンは夏の前である6月から7月が1番混み合う時期で予約も最も取りづらくなります。
なるべくその時期を避けて計画を立てると良いでしょう。

期間コースよりも回数コースを選択する

脱毛サロンのコースには「〇年間通い放題」と言ったような期間設定コースがあります。
これらは一見何回でも通えるようでお得な感じがしますが、実際には予約が取りづらく思ったようには通えなかったと言ったことがよくあります。

通い放題とは言え、効果的な脱毛を行うためには自分の毛周期に合わせて、ある程度の期間をおいて施術する必要があります。
個人差はありますが、一般的に腕や脚で3か月、わきやビキニラインで4か月程度開ける必要があるのです。
そのため脱毛サロンでの光脱毛の場合、その部分のすべての毛の処理を終えるのに2年間は掛かると言われています。
それも、行きたい時期に行けた場合に2年間なので、もし取りたい時に予約が取れなければもっと長引いてしまう事になります。
ですから期間で区切られたコースよりも、結局回数制の方がお得だったという事がよくあるのです。

美容クリニックや家庭用脱毛器を選択する

美容クリニックでの脱毛は、サロンに比べて高額であるため予約は取りやすい状況のようです。
脱毛効果もサロンよりも期待できますので、予算に余裕があれば選択肢に入れる事も考えてみてはどうでしょう。
また、家庭用脱毛器を使用すれば、予約などの制限なく自宅で気軽に脱毛できます。
近年技術が進歩し、家庭用脱毛器の性能も以前に比べ各段に上がっていますので、検討してみるのも良いかもしれません。

失敗例4 サロンで脱毛したのにまた毛が生えてきた

脱毛サロンで脱毛したからもう自己処理をしなくて良いかと思っていたのに、再び毛が生えてきてしまったという例です。

原因

自分が受けた脱毛の施術が「レーザー永久脱毛」なのか「フラッシュ光不再生脱毛」なのかを、正しく理解していなかったのが原因です。

対策

脱毛サロンでは美容クリニックで施術する高い出力の「レーザー永久脱毛」は出来ません。
ですからサロンで脱毛する場合は「フラッシュ光不再生脱毛」の施術ということになります。
不再生脱毛と言うのは、毛周期に合わせて毛根を光の熱で壊して、その後毛が生えてこないようにするもので、医療行為を禁じられているエステティックサロンで行われる、永久脱毛に近い脱毛になります。

美容クリニックのレーザー脱毛の方が効果は高く確実ですがその分費用も高くなります。
ですからまずは脱毛サロンのキャンペーンなどで効果を試し、納得できなければ美容クリニックのレーザー脱毛を検討してみると良いでしょう。

また場合によって、そのサロンでの脱毛器の出力が通常より弱い為に効果が現れないと言う事もあり得ますので、不審に思った時にはスタッフに聞いてみるようにしましょう。

失敗例5 時間や回数が思っていたより掛かってしまった

夏までに脱毛を終えたいと思い冬にサロンに通い始めたが、間に合わなかったためその後も通う事になってしまったと言う例です。

原因

脱毛サロンで毛のないツルツルの素肌を手に入れるために、何回の施術が必要でどのくらいの期間かかるのかを事前に正確に把握する事は非常に難しいと言えます。
個人の毛周期や毛量などにもよりますので、サロンのスタッフもおよその目安しか答える事はできないのです。

対策

まずは余裕を持った脱毛計画を立てる事が大切です。
脱毛サロンのスタッフの意見を参考にしながら、コースを選びましょう。
脱毛サロンには「〇回でいくら」「○年通い放題」「結果が出るまでいくら」と言うような様々なコースがありますが、「結果保証」が付いていない限り、その契約期間内に満足の行く結果が出ない場合には、追加料金を支払って契約を継続することになってしまいます。
自分に合うコースをスタッフとよく相談するようにしましょう。

失敗例6 脱毛したら多汗症になってしまった

わきの脱毛をしたら、汗が多く出るようになり臭いも気になるようになってしまったと言う例です。

原因

このような場合、わきを意識しすぎる事によって精神的にそのような現象が起きている可能性が高くなります。

対策

気分によるものであった場合には、意識しない事が1番です。

失敗例7 やけどなど肌トラブルが起きてしまった

脱毛サロンでの施術によって、やけどなどの肌トラブルが起きてしまったと言う例です。

原因

脱毛サロンの脱毛器はクリニックによる医療用レーザー脱毛に比べれば力は弱く、肌ダメージも少なくなっていますが、個人の肌質などによってやけどなどの肌トラブルが起こってしまう事もあります。やけど以外にも以下のようなトラブルが起こりえます。

炎症

これほぼ全員に起こる事ですが、気づかない場合がほとんどです。
炎症によるむくみも起こり、肌が弱い人はヒリヒリした感覚がします。

毛嚢炎

光脱毛により破壊された毛根の免疫が弱った箇所にばい菌が入り込み、ニキビのような状態になります。デリケートな部分で起こると困った事になります。

硬毛化や増毛化

はっきりした原因はわかっていませんが、中には脱毛の施術を受ける事によって毛が濃くなったり増えたりする場合があります。薄い毛や産毛で起こりやすいようです。

対策

脱毛の技術も以前より進歩し、肌トラブルなども起こりにくくはなっていますが、それでも全くないとは言い切れません。
そんな時に困るのは、補償がないケースです。
綺麗な肌を目指して行ったにもかかわらず、肌のトラブルを負いしかも治療費も自己負担と言うような事になってしまっては納得ができないでしょう。
ですから契約の前に脱毛による肌トラブルへの補償の有無をしっかりと確認しましょう。
肌のトラブルが起こる可能性があるなどのリスクについても、しっかりと説明してくれるようなサロン、スタッフである事が重要です。
そしてお試し体験などを行う事で、自分の肌が光脱毛を行っても大丈夫かどうかをチェックしてから契約するようにしましょう。

また、脱毛の施術そのものには問題がなかったとしても、その後に温泉やプールなどに行き刺激を受けたり、日焼けをする事で肌トラブルにつながってしまう事もあります。
そのような施術後の注意事項などについても、説明してくれるサロンが安心と言えます。

失敗例8 脱毛サロンで感染症にならないか心配になった

脱毛サロンに行った際に、剃り残した毛があったのをスタッフに電気シェーバーで剃られたが、他の人と共有だと感染症の心配があるのではないかと不安になった例です。

原因

電気シェーバーも含み、光脱毛では肌は感染症にかかりやすい状態になります。

対策

安心して脱毛サロンに通うために、契約する前にサロン自体の衛生状態をチェックする事が大切です。
また体験中に電気シェーバーの使用やその他衛生面の対策についてもスタッフに確認するようにしましょう。
体験中にはトラブルはなかったとしても、その時の体調などでも免疫が落ちて肌トラブルが起きやすくなる可能性もあります。
そのような時であっても安心して通えるようなサロンを選ぶようにしましょう。

失敗例9 通っていた脱毛サロンが倒産した

全身脱毛の契約をして通っていたサロンが倒産し、料金の払い戻しもなかったと言う例です。

原因

最近ではこのような例はあまりありませんが、小さい規模の脱毛サロンであり倒産し不渡りを出してしまったためこのような事になりました。
こうなると契約したサービスも受けられず、現金で支払った料金も戻ってこない可能性が高くなります。

対策

脱毛サロンとの契約に限りませんが、高額なサービスなどの契約を結ぶ際にはその会社の基盤がしっかりしていて倒産の危険がないかどうか、事前にしっかりと確認する必要があります。
また契約書の返金項目には必ず目を通しておきましょう。
ローンで費用を支払う契約の場合、まだ受けていない脱毛施術の分の料金は支払わなくて済むようになる可能性もありますので、消費者センターに相談しましょう。

失敗例10 地理的に通いにくい脱毛サロンだった

契約した脱毛サロンが自宅から通いづらい場所にあり、不便だったと言う例です。

原因

3か月に1回程度通うだけだと思い、アクセスについてあまり考えずに契約したのが原因です。

対策

わきとひざ下、腕など複数部位の脱毛をする場合には、それぞれの部位の毛周期に合わせて通う必要が出る事もあり、自宅近くや勤務先の近く、通勤の途中に寄ることができるなど、アクセスのしやすさも考慮して脱毛サロンを選ぶようにしましょう。
また店舗数が多い脱毛サロンで、複数の店舗に通う事ができれば、予約が取りづらい時などでも融通がきいて便利です。
その際には複数店舗でも顧客情報を共有してくれているサロンを選べば更に安心です。

失敗例11 相談しにくいスタッフだった

脱毛サロンに行って担当になったスタッフが、脱毛効果についての相談にも答えたり提案もなく、まずは施術する事になり不安だったと言う例です。

原因

脱毛サロンの問題と言うよりも、スタッフ個人のスキル不足が原因と言えます。

対策

脱毛サロンのスタッフの知識や技術のレベルは、そのまま脱毛の成果やトラブルにつながるものです。体験時にチェックするようにしましょう。
あまりしつこい勧誘をするようなスタッフは、お客様目線ではなく契約を取る事が優先の可能性も高くなります。
自分でも事前に脱毛についての知識を得てから体験するようにして、いわれるがままその場で契約と言うような流れにならないようにしましょう。

また接客のスタイルに関しては、フレンドリーな接客が良いのか事務的なものが良いのかなど個人の好みによって異なる部分もあると思います。
自分に合った接客をしてくれるサロン、スタッフであるのかをしっかり見極めたうえで契約すれば、気持ちよく通う事ができるでしょう。

失敗例12 脱毛時に痛くて続けることができない

美容クリニックで脱毛の施術を受けたら、あまりの痛みに脱毛を続けることができなかったと言う例です。

原因

美容クリニックによる脱毛は、サロンに比べて高い出力で行うレーザー脱毛になるため、人によっては強い痛みを感じてしまう事もあるようです。

対策

出力が強いほど脱毛の効果は期待できますが、どうしても我慢できないのであれば、出力の小さい脱毛サロンでのフラッシュ光脱毛を試してみてはいかがでしょうか。

失敗例13 脱毛サロンのデメリットがネットではわからなかった

脱毛サロンに初めて行く際にどこを選べばよいかわからず、ネットの口コミや情報を頼りにサロンを選んだが、思ったような効果が得られなかったと言う例です。

原因

脱毛の知識や理解が本人に足りなかったのが原因です。
もし完全な永久脱毛を望んでいるのであれば、美容クリニックのレーザー脱毛を検討するべきでしょう。
ネットでは脱毛サロンについて多くの記事が見ることが出来ますが、そこでは良いところ=メリットにフォーカスしていることがほとんどです。口コミなども良い情報に偏っているケースが多く、客観的な情報とは言いにくいものが多くなります。

対策

情報は信用できるところから入手しましょう。
脱毛についての正しい知識を持ち、自分に合った施術方法を選択してください。
信用できる情報と言うのは、脱毛の業界とは利害関係のない人から得る情報です。

「さあ脱毛しよう!」
そう思い立った時に一番最初に行うことは何でしょうか。
それは「クリニック(医院)」で脱毛するか、「脱毛サロン」で脱毛するかを選ぶ、という事です。

これらの2つの方法には違いがあります。それはザックリ言えば「価格」「どれだけの力で照射されているか」「どれぐらいの回数で終わるか」そして「アフターフォローの差」の4つであると言えるでしょう。

まず「脱毛サロン」ですが、「終わるまでの時間が長い」という短所はありますが、サロンの多くは定期的に期間限定キャンペーンなどを催していたりするため、何と言っても「コスト面でお得」であるという事が挙げられるでしょう。
他には、クリニックほど照射の強い施術ではないため、低リスクで、なおかつ敏感肌の方に適している、という利点もあります。

次に「クリニックでの脱毛」ですが、先程書いた通りパワーの強い施術となりますので、サロンと比較するとスピーディーな期間で全行程のプログラムを終える事が出来ます。またクリニックは文字通り医療機関なので、もしもの際もしっかりとした保障が用意されているのも利点ですね。
その反面、照射力が強いという事もあり、肌にかかる負担はサロンより大きく、コスト面も、ある程度割高となるのはデメリットと言えるかもしれません。

こういった事からも分かる通り、クリニックとサロンは、比較しても一長一短であると言えますね。「自分にはどの方法が向いているのか?」を把握することが脱毛を成功させる大事なポイントです。

どのお店、クリニックに行くかを判断する上で重要なのは、まず「それぐらいの料金であるか」ではないでしょうか。
近年では、これまでのシステムと比較して「月額性」のコースや「定額で通い放題」などといったプランも登場してきています。
そのため、これまで以上にトータル面でロープライスでの脱毛が可能となってきている、と言えるでしょう。

全身脱毛と聞くと「とんでもなく高いんじゃないだろうか?」と不安になる方も多いと思いますが、月額制のシステムなら、負担もそこまでではないため、若い方でも安心だと言えるかもしれません。

以上の点を踏まえると、もしも脱毛したい箇所が多いケースなら、最初の時点で全身脱毛のコースを選んだ方が、大幅にお得ですね。

クリニックに通うにしても、サロンを選ぶにしても、複数回、足を運ぶことは間違いありませんので、「家との距離」も大きな問題になってきます。
その点で言えば、大手の会社であればあるほど、全国での店舗数も多くなってきますので、利便性は高いです。

特に仕事に帰りにちょっと脱毛、とか、出かける予定に合わせて、などという方法でサロンに予約を入れることができますので、家に近いというのは大きなメリットと言えるでしょう。
逆に言えば、気になるサロンでも、余りにも家から通いづらい立地にある場合は、継続するのが難しくなってくるケースも多いので、検討してみたほうが良いかもしれません。
まず最初に立地を確認するのは重要な点です。

何気なく脱毛サロンを決めたけど、「予約がすぐ埋まって、全然脱毛できない!」「自分が行きたい日は、決まって埋まっている…」などといった【予約の取りづらさ】に悩むケースは、実はけっこう多いのです。

脱毛のためとはいえ、数ヵ月先を予約するのも、その後のスケジュールが億劫になりますし、予測できない「生理日」とバッティングしてしまう危険性も高くなってしまいます。
このような「後々気付く失敗」を極力回避するためには、契約する前の面談などの時点で「ちゃんと自分の生活リズムに合った予約」ができるのかどうかをキッチリと聞いておく事が重要なのです。

脱毛サロンおよびクリニックとは、数ヵ月、もしくは年単位での長い付き合いになるものです。
そのため「気持ちよく通える、清潔な設備であるかどうか」もとても大事な条件になりますね。
特にタオルや機器などは、直接触るものなので、メンテナンスやクリーニングがしっかりされているかというのは大事です。
そして、こういった部分は、「優良なサロン・クリニックであるか」を推し量るための物差しのようなものです。ですので、契約する前の面談などの際に、目視で確認をしておきましょう。

近年、脱毛サロンやクリニックの多くは「無理な勧誘はしない」と広告などで明言しています。
客の身になった手厚い対応を行っているとことも多いですが、一部ですが悪質な施設があることも事実なのです。

もしもカウンセリングなど契約前の時点で、無神経さが目についたり、自分の希望や、視野に入れている価格帯に沿わないようなプランを無理に勧めてくるような所であるならば、安易に契約を行わない方が良いかもしれないです。
事前にスタッフの雰囲気などをざっとチェックしておく事と、口コミ情報をチェックしておく事で、熟慮するのが大事です。