家庭用脱毛器について


脱毛といえばお店で施術してもらうのが当たり前というイメージを持たれている方も多いと思います。
最近は家で気軽に脱毛が行える脱毛器が沢山あるのをご存じでしょうか?
脱毛器を使って自宅で脱毛できるならお店に通う必要なんてないのでは?そう思う人もいるでしょう。確かに安く済むし自分の好きな時にできるので、そう思って当然です。

しかし背中や自分では中々届かないところはできません。またデリケートゾーンなどどこまで行ってよいものか分かりません。肌のトラブルは自己責任になります。そのため敢えてお店を選ぶ人もいます。

ですがきちんと正しく使えば、夏に向けての脱毛の強い味方となってくれます。脱毛器にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

家で脱毛できる脱毛器なんてあるの?

実は家でできる脱毛器はあります。もちろんお店で行っているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の機械よりも照射のパワーはかなりおさえられています。ですので特に資格がなくても、自分で脱毛を気軽に行えるのです。

様々な種類があり、どんどん新しい機種が発売されています。家で除毛するのは当たり前ですが、そのうち家で脱毛は当たり前という時が来るかもしれません。

アキ さん
脱毛器のパワーが弱いんだったら、効果をそんなに感じることはできないんじゃないですか?

ケイ さん
そんなことはありませんよ。

確かにお店の機械に比べればパワーは落ちますが、パワーが弱い分お店と違って2週に1回など頻繁に脱毛が行えます。

毛の量にもよりますが処理回数を増やせば、お店と変わらない早さで脱毛することが可能です。

例えば近くに通いたいと思う店がない、行きたいけど小さい子供もいるし。そういった人に向いている方法です。わざわざお店に行くほど毛が濃いわけでもない、そういった人にも丁度良い脱毛方法でしょう。

ただ一歩間違えれば危険になるので、しっかりと特徴をおさえておく必要があります。

家庭用脱毛器には色々種類がある

家庭用脱毛器には色々な方式があります。大きく分ければ3種類に分かれます。

アキ さん
どんな方式があるんですか?

ケイ さん
大きく分けてレーザー方式とフラッシュ方式とサーミコン方式があります。

まずは家庭用脱毛器が出たころに主流だったのがレーザー方式の脱毛器です。レーザーと言ってもお店で使うような強いパワーのものではないので安心してください。
特徴は太い毛に効果的ですが、照射範囲が狭いので時間がかかります。またパワーが店より弱いといっても、何回も同じところを照射したりするとやけどの心配があります。使用する際には用法をよく読むことが重要です。

次にフラッシュ方式があります。こちらの特徴は細い毛でも照射できます。たとえば鼻の下のうぶ毛や手の甲の毛など細かいところにも照射できます。照射の面積も広いので全身脱毛をしたい人におすすめです。今の家庭用脱毛器はこの機種が主流となっています。光のパワーを調節ができるタイプが人気です。

もう一つはサーミコン方式といい、熱線を利用して毛をカットする方法です。脱毛というよりは除毛の少し上をいくタイプです。熱エネルギーを出した際、毛先を丸くするため除毛特有のチクチクした感じがありません。
熱といっても肌には直接熱がいかないような仕組みになっているので、やけどしたりすることはありません。脱毛まではいかなくても良いという人に向いています。

どの方式も慣れれば簡単で、同じところにずっと照射したり無理な脱毛を行わなければ誰でも使えるものです。

どんな脱毛器を選ぶ?選び方について

家庭用脱毛器に色々な種類があるのはお分かりいただけたと思いますが、それでは実際にどんな脱毛器を選べばよいのでしょうか。

アキ さん
脱毛器はどのように選べばいいですか?

ケイ さん
自分の毛の状態に合わせて選ぶようにしましょう。

また、使い方や照射面積も考慮に入れてもいいかもしれません。

例えば自分の毛質が剛毛か、細いのか、あるいはしたい脱毛の個所の毛質がどうかで脱毛方式を選べばよいでしょう。そんなに毛はないけど、綺麗に処理したいというレベルならサーミコン式でも十分です。

毛が剛毛ならばレーザー方式が向いていますし、全体をくまなくということであればフラッシュ方式が向いています。
このように自分の毛の状態から脱毛方式を選ぶと良いでしょう。

次にどんな場所で、どんな用途で使うかも必要です。
全身を行いたいならコードレスでないと面倒です。また小さい子供がいたりすると線にひっかけたりすることもあります。鏡とコンセントが遠いとそれも不便です。このような事を考慮して脱毛器を選ぶとストレスがありません。

また照射範囲が広いほうが始めは使いやすいです。選ぶ1つのポイントとして覚えておくと良いでしょう。お店に行くよりも照射回数も増えるので、照射面積が広いほうが家庭用でも早く脱毛できます。

家庭用脱毛器は本当に効果があるの?

家庭用脱毛器と言えども、効果はきちんと期待できます。
ただ家庭用脱毛器を購入すれば、必ず説明書や使用方法をきちんと読んで、理解しておく必要があります。

家庭用脱毛器は先端の照射ヘッド部は交換式、もしくは使い捨てとなっています。交換時期を過ぎて使用したり、何回も効果を試そうと同じ部分を照射する。また照射後何も保湿せずに放置するなど、正しく使えていなかった場合は肌トラブルになる可能性があります。

どういう使い方をすればよいのか、きちんと説明書に記載されているのでしっかりと読んでおきましょう。
家庭用とはいえサングラスをかけて照射をしなければならないので、付属されているのか、別途用意しなければならないかもチェックしておいたほうがいいです。

またカートリッジは用途に合わせてサイズが違うものもあります。用途に合った部位のサイズを使用するなど守って効果的に脱毛しましょう。

正しく使用することで、家庭用脱毛器でもきちんと効果を感じられるはずです。手間はかかってもそれがストレスにならない人が向いています。

アキ さん
説明書通りに使用することで効果を実感できるようになるんですね。

家庭用脱毛器を使うメリットとは

アキ さん
家庭用脱毛器を使うメリットって何ですか?

ケイ さん
お店に行かずに好きな時に脱毛ができる点や家族間で使用できることが挙げられます。

家庭用脱毛器のメリットとして、まずはお店に行く手間が省け、自分の好きな時に好きなだけ脱毛ができるということです。近くにお店がない、中々予約が取れないという悩みがなくなります。

もう一つ家庭用ならではのメリットがあります。それは家族で使用ができるということ。夫婦で使用したり、親子で使用が可能です。
さらにパワーが弱いという面がありますが、それだけ肌への負担にならないということでもあります。正しく使えば安全なのもメリットでしょう。

そしてありがちなのが恥ずかしさです。VIOラインなど専門店とはいえ他人にデリケートな部分を見せるのはかなり勇気がいります。ですがそれが家庭でできるのであれば、恥ずかしさもありません。自分で自分の好みの状態に脱毛ができるのも良い面です。

そして家庭用脱毛器の中にはカートリッジを変えれば美顔器としても使えるタイプがあります。同時に美顔器としても使えるのも家庭用ならではのメリットでしょう。


家庭用脱毛器は気軽で安全に行えるメリットの多い脱毛方法です。

しかしよく耳にするのが面倒だからやらなくなってしまったという意見です。脱毛器は注意しなければならない点や、自分で全てをメンテナンスしなければならないものです。

そのため買う前に継続して行えるかどうかを考えて買う必要があります。

決して安い買い物ではありませんので、あとで失敗したとならないように気を付けましょう。衛生商品ですから後々返品ができないケースがほとんどですし、価格は使い捨てであっても数万円はします。バッテリーを交換しなければならないタイプはさらに高いです。

アキ さん
家庭用脱毛器はメリットも多くて、とても魅力的ですが、よく考えて購入した方がいいんですね。

ケイ さん
そうですね。

ただ、自分で除毛するよりは毛穴トラブルや毛嚢炎などが起きにくかったり、脱毛器のコストパフォーマンス自体はとても高いので購入を検討してみてもいいと思いますよ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



ランキング


脱毛器ランキング

  1. 1

ランキング一覧